PASONAの法則とその応用例

PASONAの法則とその応用例

ダイレクトマーケティング、デジタルマーケティングに関する用語やその他関連用語を集めました。
基礎から応用まで、多岐にわたる用語をご紹介いたします。ぜひご活用ください。

用語説明【PASONAの法則】

PASONA(パソナ)の法則とは、Problem(問題) Agitation(扇動) Solution(解決策) Narrow down(絞込) Action(行動)の頭文字で、消費者の購買を促すためのメッセージの法則性を表したものです。神田昌典氏によって提唱されたこの法則は、DM(ダイレクトメール)を含むセールスレターや、ランディングページといったWeb広告で多く活用されています。

解説

「こんな問題があり、このままでは危険。でもこうすれば大丈夫。その解決法を、今ならあなただけに教えます」。こう言われたら、あなたはどうしますか? ここに「PASONA(パソナ)」と呼ばれる法則があります。一般に、このように言われると「買おうかな」という購買心理が働くと言われています。

PASONAの法則の事例

ここでは、美白化粧水販売のためにランディングページを作るという状況を想定してみます。

P)Problem - 問題を提起する

「最近肌のくすみが気になってきたと感じていませんか?」
「なかなか効果を実感できないと悩んでいませんか?」

こうした呼びかけで消費者が潜在的に困っていることや苦労していること、不便に感じていることを明確に訴えて問題(Problem)に気づかせます。

A)Agitation - 問題を炙り出し、あおりたてる。

「お仕事やご家族を優先していても、まだ自分は老けたくないという本心があるはずです」
「いつまでも若さを保つ友人が羨ましい、どうやっているんだろう…と感じたことはありませんか?」

問題に気づいてもらうことができたら、次は問題の深刻さを知ってもらいましょう。その際、用語集「ニーズ」の回で紹介した「痛み(ペイン)」を伴う書き方が有効です。消費者の「痛み」を切り出すように問題点を煽り立て(Agitation)、より自分ごととしてイメージできるように描写しています。

PASONAの法則におけるAgitationのステップは「PASONAの法則」提唱者である神田昌典氏の2016年の著書において、親近感(Affinity)へとアップデートされています。

So)Solution - 解決策の提示と証拠

「芸能人のNさんが、若さの秘訣として愛用している美白化粧水を、なんと100ml 4,800円でご提供。」

Agitationで問題を深く消費者に突き刺したら、いよいよその「解決策」として、商品(サービス)を紹介します。ここでは、あなたが売りたい美白化粧水が問題解決に役立つことのアピールが重要です。売上などの社会的証明や実際に使った人の感想、客観性がある形での示された「商品を使うメリット」などを示します。その際、「ハロー効果」が活用されることが多いです。この段階では購入を急き立てるのではなく、「実際に使ってみたい」とより強く興味を持ってもらうことを狙います。

N)Narrow down - 限定、緊急、絞込み。

「生産量ごく僅かのため、申し込み先着500名様のみの特別価格となっております」

「Solution」で、商品について、その効果や信頼性などについて解決策を示して理解してもらったら、次は、対象客や期間を限定して、商品の限定感や緊急性を演出します。今だけの特別感、いつでも購入できるものではない限定感をアピールし、緊急性を演出します。Narrow downでは「損失回避の法則」を活用することも有効な手段です。

A)Action - 行動

「3ヶ月後には、まるでタイムスリップしたかのように、5歳若返ったあなたと出会えるはずです」…「今すぐ購入」

最後は購買行動(Action)を呼びかけます。ランディングページには、末尾にキャッチコピーが置かれることが多いため、実際に行動を促すためのコピーを作ってみましょう。

PASONAの法則からわかる、マーケティングの基本

「PASONAの法則」の流れは人の心理に沿って良く構成されており、思わず買ってしまう心理を呼び起こします。特に重要なのは「問題を提示し、問題から目をそらせないように煽り、解決策に繋げる」という流れ。「売りたいから」と最初から売り込むのではなく、消費者が商品に近づくための「階段」を用意してあげることが大切です。

成約率の高いダイレクトメールを含むセールスレター(もしくはランディングページ)を見てみると、「PASONAの法則」に則っていることがほとんど。さらに、そこから応用を効かせているケースが多いことに気づくでしょう。パソナの法則を理解しているか、していないかで、「成約率」に大きく差がでてしまいますから、ぜひ抑えておきましょう。

まとめ

PASONAの法則は単純ですが、ダイレクト・レスポンス広告の基礎です。モノやサービスが溢れている現代において、売るという行為はより難しくなっています。消費者の心にいかに届くか、どう届けるかを考えた広告活動によって、消費者の購買欲を誘いましょう。



<< 前の記事を読む | 一覧に戻る | 次の記事を読む>>

おすすめ記事

ハロー効果

欲しい!の心理学

2017/09/05 更新

ハロー効果

上等なスーツを着こなしている人、仕事ができるに違いない。私たちが他の人や商品、サービスを評価するとき、良くも悪くも、見た目やネームバリューに無意識に引きずられます。連載コラム「欲しい!の心理学」第10回は、ハロー効果をご紹介いたします。

損失回避の法則

欲しい!の心理学

2017/11/28 更新

損失回避の法則

人は無意識に、得することよりも損することを避けようとします。人類の生き残りを可能にしたこの『低リスク思考』は、消費行動にも大きな影響を与えています。「欲しい!の心理学」第13回は、損失回避の法則をご紹介いたします。

ニーズとは何か?

マーケティング用語集

2017/11/28 更新

ニーズとは何か?

ニーズという言葉は極めて日常的に使われているため、「今更解説なんて」と感じる方は多いかもしれません。しかし顧客のニーズの把握はマーケティングの原点です。「顧客の生活」の中に眠るニーズを掘り起こしましょう。ぜひご覧ください。

このコラムに関連するサービス・事例はこちら

関連サービス


近日開催予定セミナー・イベントのご紹介

RICOHから最新のマーケティング情報や
セミナー情報をお届けします

RICOHのマーケティングお役立ち資料

RICOHのマーケティングお役立ち資料

  • 新規顧客の獲得がなかなかうまくいかない…
  • 効果的なDMを送りたい!

販売促進の費用を最適化し、効果を最大化するリコーのマーケティングサービスのノウハウをまとめました。無料で提供中ですので、ぜひご活用ください。

お気軽にご相談ください

お問合せは下記のフォームよりお願いいたします。
ご要望にあわせた情報提供・ご提案をさせていただきます。

お問合せ