動画マーケティング マニュアル YouTube編

動画マーケティング マニュアル YouTube編

トレンドの移り変わりが激しいデジタルマーケティングついて、マーケターが押さえるべきトレンドをまとめました。デジタル変革期に欠かすことの出来ない最新情報をぜひご覧ください。

YouTubeにおける動画マーケティングをどう展開していくか

動画マーケティングマニュアルイメージ画像です。

動画は今やマーケティングには欠かせないコンテンツとなりました。多くのインターネットユーザーが、毎日欠かさずネット動画を視聴しています。YouTube の1日当たりの総再生時間は10億時間、Facebook の1日の動画再生回数は80億回というデータも発表されています。いかに我々ユーザーが、1日の生活の多くを動画の視聴に費やしているのかが分かりますね。

さて今回のテーマは、「効果的な動画マーケティングをどう展開していくか」。前・後編と2回に分けてお届けします。前編(今回)では YouTube における動画マーケティングについて、後編ではその成果を Google Data Studio を使って可視化する方法を解説します。それでは早速、YouTube マーケティングを展開する上で大切なコツをご紹介します。

YouTubeで自分の動画を発見してもらうために

YouTubeは世界最大の動画プラットフォームです。1日当たり10億時間再生されているのですが、YouTube内に存在する動画の数もかなりのものです。なんと、1分当たり400時間以上の動画がアップロードされているのです。ここで、YouTubeマーケティングの課題になってくるのは、自分の動画がYouTube内で埋もれてしまい、ユーザーに発見してもらえないということです。実際にYouTubeに動画を投稿したことがある人なら分かると思いますが、なかなか再生回数は伸びないものです。

つまり、ただ動画を作成してアップロードすれば良いというわけではないのです。YouTube検索結果のトップポジションを獲得し、多くのユーザーに視聴してもらうためには、YouTube SEO対策をする必要があるのです。

YouTube SEO対策 クオリティ編

YouTube SEO で、まず重要になるのが、動画のクオリティです。クオリティ値を高めることで、検索結果の上位を獲得することができます。一つひとつの動画のクオリティを評価する指標は、再生時間、再生回数、視聴維持率、エンゲージメント(コメントやシェア)数などがあります。

中でも特に重要になるのが、再生時間と視聴維持率です。「あれ?再生回数はそんなに重要じゃない?」と思われるかもしれません。YouTube の親会社である Google は、再生回数よりも長時間視聴されている動画の方が、ユーザーに好まれていると述べています。アナリティクスを使って効果測定を行う際は、再生時間を重点的に見ていきましょう。

視聴維持率とは、1回の視聴でユーザーが動画の何%を観たのかを平均した値です。いかにキャッチーなタイトルやサムネイルで再生回数を稼いだとしても、全体の10%しか視聴されなかったら良い動画とは言えませんよね。言い換えれば、再生回数が少なくても、最後まで視聴される動画は、質の高い動画として評価されるのです。

それでは、質の高い動画をどう作成していけば良いのでしょうか? 再生時間を稼ぐには、なるべく長い動画を作成したいところですが、一般的に長過ぎると視聴途中で離脱してしまうユーザーが多く、視聴維持率が下がってしまいます。ダラダラと引き延ばした動画にすることは避けましょう。短くても長くても、最後まで見てもらえる動画(視聴維持率が高い動画)を作成することができれば、自ずと再生時間も稼げるようになります。例えば、5分の動画で平均して30秒しか見られないのと、1分の動画で平均50秒見られるのとでは、(再生回数にもよりますが)後者の方が総再生時間は長いです。

起承転結を大事に、最後まで見られる動画を作成することを意識していきましょう。

YouTube SEO対策 セッティング編

YouTubeに動画をアップする際、タイトルやディスクリプションなどのメタデータを設定します。メタデータを工夫することで、YouTubeやGoogleの検索結果のポジションは大きく変わってきます。それでは、設定すべきメタデータと各々に施す工夫を説明していきます。

タイトル

Webサイトと同様、YouTubeでもタイトルは動画の内容を、検索エンジンとユーザーに端的に伝える要素となるので、非常に重要なポイントとなります。もちろん、ユーザーからのクリックもタイトルによって大きく左右されます。動画内容と関連性の高いキーワードをしっかりブラッシュアップして、タイトルに盛り込んでいく必要があります。しかし、検索結果に表示されるタイトルの文字数は限られます。あまり長くて最後まで見えないタイトルは避けることと、なるべく重要なキーワードは前に持ってくることをお勧めします。

ディスクリプション

動画の内容をより詳しく理解してもらう際に必要になってくるのがディスクリプションです。Google 上でも YouTube 上でも、冒頭の部分だけが表示されるので、最初の部分にタイトルで表せなかった動画についての説明を加えていきましょう。また、ディスクリプションにはリンクを貼付けることができます。そのため、最初に内容説明を書いたら、その下にはソーシャルメディアアカウントやブログURLなどの外部リンクを貼付けると良いでしょう。

タグ

ユーザーに見えることはありませんが、検索エンジンが動画を認識する手掛かりとなり、検索結果のポジションや YouTube の関連動画の表示に影響します。タイトルに含めることができなかったキーワードを、タグに加えるようにして、幅広い検索クエリーに対応できるようにしましょう。

サムネイル

サムネイルはユーザーにとって動画のファーストインプレッションとなります。目を引くサムネイルを設定することで、クリック率は格段に上がります。動画をアップロードする際、YouTube は自動で3つのサムネイル候補を動画の中から探してきてくれます。しかし、必ずしもそれらがベストとは限りません。ベストなサムネイルを設定したいなら、別途カスタムサムネイルとして画像をアップロードしましょう。ちなみに、高い成果を挙げている動画の90%は、カスタムサムネイルを使っているという調査結果もあります。

字幕

グローバルに動画を拡散したいなら、動画に字幕を加えていきましょう。字幕を加えることで、多言語で検索しても自分の動画が表示される可能性が出てきます。字幕は YouTube が自動で音声を認識して翻訳してくれます。もちろん音声認識自体が100%正確ではありませんので、自動で作られた文章を確認して、自分で編集していく必要があります。

まとめ

以上が、YouTube SEO を向上させるテクニックとなります。動画のクオリティとセッティングを最適化していくことで、より多くのユーザーに視聴してもらえるよう頑張っていきましょう。



<< 前の記事を読む | 一覧に戻る | 次の記事を読む >>

近日開催予定セミナー・イベントのご紹介

RICOHから最新のマーケティング情報や
セミナー情報をお届けします

お名前


※全角入力


※全角入力

メールアドレス

※半角入力
情報入手元

  • 個人情報保護方針に同意の上、ご登録ください。
  • 登録いただいたメールアドレスにメールを送信します。万が一届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。
    もしくはメールアドレスを誤って登録している可能性があります。その場合はお手数ですが再度ご登録をお願いします。

RICOHのマーケティングお役立ち資料

RICOHのマーケティングお役立ち資料

  • 新規顧客の獲得がなかなかうまくいかない…
  • 効果的なDMを送りたい!

販売促進の費用を最適化し、効果を最大化するリコーのマーケティングサービスのノウハウをまとめました。無料で提供中ですので、ぜひご活用ください。

お気軽にご相談ください

お問合せは下記のフォームよりお願いいたします。
ご要望にあわせた情報提供・ご提案をさせていただきます。

お問合せ