O2O施策とは?

O2O施策とは?

ダイレクトマーケティング、デジタルマーケティングに関する用語やその他関連用語を集めました。
基礎から応用まで、多岐にわたる用語をご紹介いたします。ぜひご活用ください。

用語説明【O2O施策】

「O2O(オーツーオー)」とは、「Online to Offline」の略。インターネット(オンライン)で情報を知った顧客が、実店舗に足を運んでくれるよう誘導するマーケティング戦略のこと。「On2Off」と表現されることもある。

解説

Webマーケティングを考える際に重要視される、「O2O(オーツーオー)」。言葉自体はよく耳にするけれど、具体的なイメージがわかないという人も少なくないのではないでしょうか? O2O(オーツーオー)」とは、「Online to Offline」の略で、Webから実店舗への誘導のことを指します。Webで購買を完結する「EC(Eコマース)」とは異なり、Webサイト等のオンラインの場から、実店舗へと導くことで購買させることが特徴です。

具体例で理解する「O2O」のユーザー行動

もっとも身近なO2Oは、実際にお店で使える割引クーポンや特典の配信、スマートフォンのGPSと連動した、チェックインクーポンの配信などがあります。
Webでの情報収集やWeb予約という行動はもはや一般化した消費行動ですが、それはいわばO2Oの入り口です。そこに「クーポン」「特典」などの付加価値をつけることで、「オンからオフへ」の動きを加速することができます。

事例 ファミリーレストランのケース

「子供の誕生日のため、レストランを探している親御さん」をターゲットに、
「Web予約限定! 誕生日ケーキのオリジナルネームプレートが無料」というクーポンを配信。

さらに、O2Oは実店舗への誘導・購買がゴールになりますので、情報の配信先ユーザーが店舗にアクセスできる人物であることも重要。そのため、位置情報マーケティングの手法を活用することも、O2O施策の有効な選択肢として挙げられます。

O2O施策の狙いは、ネット通販によって店頭より安い価格で購入するという「ショールーミング」の防止にありましたが、現在はWebで商品閲覧・実店舗で買うという「Webルーミング」という行動も出現し、その売上高が企業のKPIになることもあります。

また、O2O施策は実店舗で効果測定がしやすい点もポイント。顧客の利用したクーポンや特典数を数えることで、どれくらい売り上げに影響を与えたかを分析することも比較的容易です。

O2Oとオムニチャネルの違い

O2Oと並べられるWebマーケティングとして「オムニチャネル」というものがあります。

オムニチャネルとは、「実店舗」や「ECサイト」をはじめとするあらゆる販売・流通チャネルをシームレスに統合すること。

それにより、顧客は購買チャネルを意識することなく、どのようなチャネルからでも商品を購入し受け取ることができるメリットがあります。

O2Oは「オンからオフへの送客」が主眼であるのに対して、オムニチャネルはあらゆるチャネルを相互連携させる技術的・マーケティング的な改革であり、企業が顧客との接点を多面的にする取り組みを指します。

このことを、事例から見ていきましょう。

オムニチャネルの事例(実用衣料品ブランドの場合)

ある実用衣料品ブランドは、自社顧客の購買体験をアプリで一元管理。「実店舗での購買履歴」と「オンラインでの購買履歴」を同一プラットフォームで管理することで、「実店舗での購買履歴にも基づいて、スマホでレコメンドを受けられる」といったユーザー体験を提供。One to Oneマーケティング実現の基盤としています。

さらに、マーケティング的取り組みも実施。同社は商品紹介ページをライフスタイル提案型コラムとして位置付け、ストーリーとすることで、Web上でも「ショッピングを楽しむ」感覚や「一目惚れする」ような体験ができるWebコンテンツを創出しました。

「コラムを読む体験」から「ECサイトでの購入」もしくは「店舗の在庫確認」へシームレスにつなげており、「徹底的なユーザーフレンドリー」という好印象に繋がっています。

オムニチャネルはこのような、「大規模なシステム改革による販売体制の見直し」と、「緻密なユーザー体験設計によるマーケティングの見直し」の掛け算によって実現しているのです。その結果、「自宅にいるのに、お店にいるかのような購買体験」を提供するなど、顧客体験にめざましい好影響を与えます。

オムニチャネルと対比すると、O2Oは単一サービスへの登録から始められる手軽な施策。早期に成果を挙げやすい点が魅力です。

このことから、両者は規模的にも思想的にも、まったく別の施策であることがわかるでしょう。

まとめ

O2O施策は実店舗に足を運び購買につなげてもらうために、その情報をインターネットで配信するというWebマーケティング手法です。配信する情報は「クーポン」や「特典」など、その情報を用いることで顧客の利益になり、消費者の行動を促すものが多いです。即効性が高いことから、オフラインでの購買行動を増やすための手段として好まれています。

Webベースでのマーケティングをこれから始める企業にとっても活用しやすい施策であり、効果を早期に上げるための有力な手段といえるでしょう。



<< 前の記事を読む | 一覧に戻る | 次の記事を読む>>

おすすめコラム

位置情報マーケティング活用法

デジタルマーケティングトレンド

2018/04/19 更新

位置情報マーケティング活用法

地図アプリなどで日常的に活用される「位置情報」は、実はマーケティングにも有用なんです。O2O施策にもつながる「位置情報マーケティング」の事例を紹介。マーケティングにおいて重要な「5W1H」の「Where」を制する情報配信技術に迫ります。

このコラムに関連するサービス・事例はこちら

関連サービス


近日開催予定セミナー・イベントのご紹介

RICOHから最新のマーケティング情報や
セミナー情報をお届けします

お名前


※全角入力


※全角入力

メールアドレス

※半角入力
情報入手元

  • 個人情報保護方針に同意の上、ご登録ください。
  • 登録いただいたメールアドレスにメールを送信します。万が一届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。
    もしくはメールアドレスを誤って登録している可能性があります。その場合はお手数ですが再度ご登録をお願いします。

RICOHのマーケティングお役立ち資料

RICOHのマーケティングお役立ち資料

  • 新規顧客の獲得がなかなかうまくいかない…
  • 効果的なDMを送りたい!

販売促進の費用を最適化し、効果を最大化するリコーのマーケティングサービスのノウハウをまとめました。無料で提供中ですので、ぜひご活用ください。

お気軽にご相談ください

お問合せは下記のフォームよりお願いいたします。
ご要望にあわせた情報提供・ご提案をさせていただきます。

お問合せ